カミーノ・デ・サンティアゴ☆星の巡礼~ My Camino

サンティアゴ・デ・コンポステーラまでの800キロ。そして、フィニステーラへ。カミーノ巡礼(2013年8月29日~10月19日)の記録と、役立った巡礼情報を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地での日々の旅費

DSCF2828_small.jpg

私のカミーノは、1ヶ月以上の旅(巡礼)となりました。その後の旅と合わせえると、1ヶ月半はあちらにいました。

アルベルゲ(宿)代、飲食費、食材購入、日常雑品購入・・・一日の必要金額はそれほどなくても1ヶ月ともなるとそれなりの生活費がいる。だけど、大金を持って歩くわけにはいかない。落としたり、すられたら大変です!

そこで、カミーノ行きでよく聞くのが、新生銀行のカード。持っていってる方が結構おられたので、私も作っていきました。口座のキャッシュカードが、そのまま海外のATMでインターナショナルキャッシュサービスとして使用できるというもの。無料で作れておススメです。

基本、現地ではVISAカードと同じ引き出し手数料ですが、キャンペーンだったのか?海外での引き出しに初めの3ヶ月は手数料無料でした。この間にカミーノへ行けたので大変お得!日本口座の円がその時のレートで換算されて、瞬時に引き出される形です。

日本で使う時、全国の郵便局のATMで手数料無料で出し入れできるので、地方の方でもつくってしまえば後は便利。新生銀行へ手続きに行ったその日にキャッシュカードを受け取れました。普通の銀行口座とはちょっと違っていて通帳はなく、Web上での管理となります。

【クレジットカード】
1~2枚は必要。ホテル滞在時に便利。田舎を行くカミーノ、バル等の小さなお店や個人商店では使えないことも。特に、アメリカンエキスプレスは取り扱いが少ない。また、カードを紛失した場合の連絡先は必ずメモしていきましょう。お財布を無くしてしまうとかなりショックを受けますので、肌身離さず用心は必要です。ちょっとした隙がトラブルのもとに。

【トラベラーズチェック】
スペインではあまり一般ではないので、現地でそのまま使うというより銀行で換金する形となります。私は持っていきませんでした。

【日本円】
スペインのユーロ換金の場合、現地で両替するよりも日本で換金していった方が手数料が安い。私の場合、たまたま父がヨーロッパ旅行での余りのユーロを持っていて、餞別にくれたので当面のユーロは持っていけました。

【現地ATM】
カミーノでは銀行へ行くのではなく、町中の沿道の建物にATMが設置されていてそこから引き出せます。私は主にこちらを利用。見かけたATMでは日本語が選べる機械はなく、英語を選んで操作しました。

ATMの使い方が不安という方は、コチラのシュミレーションを試してみてください。私も出発前、確認していきました。

そして、どの銀行のATMを使用するかで手数料が変わってきます。私は、スペイン大手のBanco Santanderを見つけて利用していました。おおよその町にはありよく見かけます。手数料無料でした。BBVAも無料のようです。

人が歩いている通りにあるので利用時にはスリ等にお気をつけください。また、ATMの残金が少なくて引き出せなかったり、故障していたりということも念頭においておきましょう。私は実際、そのような目にあいませんでしたが、こういったこともあるようです。

結局、2~3日分の最低限の現金ユーロを引き出して持って、クレジットカードと兼ね合わせてやり繰りしていました。

(2013年10月時点の情報です)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
My Camino ~ スペイン・カミーノ巡礼お話会
4月27日(日)大阪で開催!詳しくは⇒コチラ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。